映画『ラスト・ホリデイ』ネタバレ感想 ハッピーエンドのバケツリスト映画ってありですか?

最後の休暇へ シネマ手帖・洋画
イメージ画像

女性が主人公の、楽しいバケツリスト映画です。

バケツリストとは「死ぬまでにやることリスト」という意味です。

なぜ“バケツ”なのかというと、英語で、人が亡くなるときの言い回しに“バケツ”を使うことがあり、そこからきているようです。

でも、「そんな内容の映画なのに、楽しいの?」と思われました?

はい、楽しいです!!

というわけで、『ラスト・ホリデイ』の感想を語ってみたいと思います。

「実はバケツリスト映画が大好きなの!」という方も、「そんなリストの話、初めて聞いた!」という方も、よろしかったらお付き合いください。

ただしネタバレ・あらすじを含みます

お嫌な方はここまででお願いいたしますm(_._)m

スポンサーリンク

映画『ラスト・ホリデイ』ネタバレ感想

記憶がおぼろになっている方&見ていない方のために簡単なあらすじを。

デパートで販売員として働くジョージアは超がつくほどの奥手。同僚のショーンが気になっているのに、そしてショーンもジョージアを意識しているというのに、ジョージアは彼を誘うことができずにいた。そんな日々の中、突然ジョージアに病気が見つかり、余命宣告がされてしまう。それまで堅実に真面目に控えめに生きてきたジョージアだったが、仕事を辞め、有り金のすべてを持って、憧れのラグジュアリーホテルへと旅立つ。

ハッピーエンドのバケツリスト映画ってありですか?

最初に申しましたが、バケツリストとは、「死ぬまでにやりたいことリスト」という意味です。

なので、主人公ジョージアの余命は、いくばくもないということがお分かりいただけると思います。

そんな状態でハッピーエンドってあり? ということですが……

さっそくネタバレにいきたいと思います。

知りたくない方、これ以上読まないでくださいね。

ジョージアの余命宣告、誤診だったのです。

CTスキャンが中古だったことが原因かと思われます。

いや~、迷惑にもほどがありますよね。

ですが、医師から余命3週間と告げられたら、誰だって本気にします。

当然ジョージアも医師の言葉を信じて、泣いて、ヤケ酒となりました。

ジョージアの苦い涙の味、私にも分かります。

長く生きていると、人の絶望感も手に取るように分かりますよ、うんうん。

分からないのは、彼女が神に怒りをぶつけ始めたことです。

いや、神を恨むのは分かる、分かります。

でも、「なんで私なの!?」って、本気で、声に出して、ジョージアは渾身の怒りを神にぶつけるのです。

このシーン、涙を流して笑ってしまいました。

教会の聖歌隊っていうのでしょうか、ジョージアはそれの一員で、でもあまりやる気がない感じだったのです。

しかし、自分の余命がわずかと知ったジョージアは、歌の途中で「なぜ!?」と神に問い掛けます。

というか、怒りをぶつける。

ジョージアは黒人女性で、教会に集う皆さんも黒人です。

民族性なのか、「なぜ!?」と歌うジョージアに呼応して、皆さま叫び返し、踊り出します。

すごいな~。

泣きながらも、笑ってしまった私は悪くないと思います。

そして、神に怒りをぶつけた勢いで、ジョージアはいつか行ってみたいと思っていた、でも、それはたぶん憧れのまま終わるはずだった、セレブ御用達の高級ホテルに予約を取ったのです。

バケツリスト映画の中でもダントツの爽快感!

爽快な景色

イメージ画像

映画の中でちょこっと感動したのは、ジョージアが「憧れスクラップ・ブック」なるものを持っていたことです。

料理が趣味のジョージアは、自分の好きな料理人の切り抜きや、憧れのシェフがいるホテルのパンフレット?など、スクラップしていました。

これ、私も子供の頃にやっていました。

インテリアが好きで、気に入った部屋の切り抜きをスクラップしたり、美術展のチラシやイラストや、とにかく気に入ったもののスクラップ・ブックを作っていましたよ。

いつかこんな部屋を作りたいな~とか、憧れとか夢とかをかき集めたものです。

もう処分してしまって、見ることもできませんが、思い出すと胸がきゅんとします。

しかしです。もし、そんなスクラップ・ブックが手元にあって、余命宣告されたとしたら……

はい、ジョージアは有り金すべておろしてきて、憧れのシェフのいる、チェコのグランドホテル・プップへと旅立ったのです。

バケツリスト映画って、たまにありますよね。

以前紹介したこれ、これも素敵なバケツリスト映画です。

そして、他にも同テーマの映画はありますが、バケツリスト映画の魅力ってなんだと思いますか?

私、バケツリスト映画は、カタルシスを与えてくれるから人気があるのだと思うのです。

残された時間はあとわずか、それなら思ったこと、やりたかったこと、全部やってしまおう!

そんな、悲しいながら、スカッとする設定がウケるのではないでしょうか。

とするなら、『ラスト・ホリデイ』はまさに、王道中の王道です。

普段は地味で控えめなジョージアが、銀行から預金等全額引き出し、「パーッと使うの」という時の表情に、見ているこちらもうっとりします。

また、プラハへの飛行機の中、偉そうな客室乗務員に、今までなら言えないような文句も、思いっきりぶちまけちゃいます。

慇懃無礼で高圧的な白人の客室乗務員が、「何か問題でも?」と声をかけてきたとき、ジョージアがちょっと気後れするのが分かりました。

余命宣告の前なら、たぶん、言いたいことを飲み込んでいたでしょうね。

しかし、やりたいことをやると決めたジョージアは、手にしていた飲み物を一気飲みして、言いたいことを言ってしまうのです。

この一気飲みがいいのです。

その後も、彼女の快進撃は続きます。

最寄り駅からホテルまではタクシーで行くしかなさそうですが、タクシー乗り場は長蛇の列。

ふと見ると、ヘリコプターの看板がある。

乗っちゃえ♪

ヘリで来たから早く着きすぎちゃった……空いている部屋は一晩40万円以上の部屋だけ?

オッケー、オッケー、そこに通して♪

こんな調子です。

今までやったことのない、スノーボードもベースジャンプも臆せずやっちゃう。

あと、私的には、ホテルの極上シーツに体をすりすりしているシーンも好きでした。

エステ後のすべすべお肌に、高級なシーツの感触は素晴らしく良かったに違いありません。

自分の楽しみをとことん追求しまくるジョージアの姿に、見ているこちらもスカッとします。

「そりゃ~、余命が分かっていたら、好き勝手できるでしょ」と思うなかれ、初老諸姉よ。

ジョージアのように前向きに怒りを発散できるかどうか、それは人によるとしか言えません。

死にたくないとつぶやく彼女を見るときはちょっと泣けますが、ダイエットなんてクソ食らえの食べっぷりや、その食べっぷりに心酔するシェフ、同じくホテルに休暇でやってきた、ジョージアが勤めていたデパートの経営者との丁々発止などなど、スカッとポイント盛り沢山です。

しかも、ラストでは誤診ということが分かり、心ゆくまで、奥手女子の快進撃を楽しめる映画なのでした。

スポンサーリンク

映画情報

製作年/2006年
製作国/アメリカ
監 督/ウェイン・ワン
出 演/クイーン・ラティファ/LL・クール・J

日本では劇場未公開です。

いや、びっくり。普通に映画紹介されていて、いつか見たいな~と思っていて、プライムビデオに(そんなに高くもなく)あったので、レンタルして見ました。

まさか、劇場未公開だったとは。

面白い映画なのに、なぜ?

まあ、儲からないと思ったからでしょうが……

もし公開していたら、口コミでけっこう観客動員できたのでは? と思うのですが、どうでしょうね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました