お彼岸とはいつのこと? 意味は? やってはいけないことはありますか?

彼岸花 初老徒然

お彼岸っていつでしたっけ?

次のお彼岸は何月何日から何日まで?

分かりません。私は答えられません(汗)

というわけで、お彼岸と呼ばれる期間を調べてみました。

いつだったか、お見舞いも、お彼岸に行くのはよくないと聞いた気がするので、お彼岸の意味や、避けるべきことについても調べてみます。

「私も気になっていた」という方、よかったら、最後までお付き合いください。

お付き合いいただければ、この先、お彼岸に予定を立てる際の参考になること間違いなしです。

スポンサーリンク

お彼岸とはいつのこと?

お彼岸とは、春分・秋分を中日にした、前後3日間ずつの各一週間のことです

なので、「次のお彼岸は何月何日から何日まで?」という質問には、「2021年9月20日から26日まで」という答えになります。

ついでに、来年の春の彼岸は、2022年3月18日から24日までです。

春分と秋分は、祝日なので、分かりやすいですね。ちなみに、両日とも、二十四節気の一つです。

春分も秋分も、昼と夜の長さがほぼ同じという日です。その年によって、日にちは変わってきます。

春分は冬が終わり、春から夏に向かうという境目の日。秋分は夏が終わり、秋から冬に向かうという日です。

スポンサーリンク

お彼岸の意味は?

“彼岸”という言葉は、仏教では極楽浄土のことを指します。

そして彼岸は西にあるとされていて、太陽が真西に沈む春分・秋分の日は、この世が彼岸に最も近づくと考えられました。

なので、彼岸に思いが伝わりやすいだろうということで、この頃にお墓参りに行ったり、仏壇に手を会わせたりするようになったわけです。

私の中のお彼岸とは、まさにこれです。

子供の頃、お彼岸になると、曾祖母(そうそぼ)がおはぎを作ってくれて、仏壇にお供えしていました。

私たち家族にも、大皿いっぱいのおはぎを出してくれましたね。

おはぎは、あんこときな粉の2種類で、きな粉は、きな粉のみのシンプルなおはぎでした。

最近、市販のきな粉のおはぎは、中にあんこが入っているものばかりで、ついつい敬遠してしまいます。

話しを戻しますが、この、家族で仏壇に手を合わせるのが、私の知っているお彼岸です。

そして、これは知らなかったのですが、お彼岸は、私たちが悟りを開くための修行期間でもあるのです。

お彼岸とは“到彼岸(とうひがん)”という言葉から来ていて、到彼岸とは、彼岸=極楽浄土(悟りの境地)へ到達するための修行のことだそうです。

仏教の教えや、教えからきた考え方、日本にもともとあった先祖を大切にする習慣が合わさって、今のお彼岸ができている、ということですね。

ちなみに、なぜ、お彼岸におはぎ(ぼたもち)なのかというと、小豆は邪気を払う食べ物だからです。

小豆の赤い色が邪気を払うと信じられていたのですね。昔の人が赤い下着を付けていたのも、同じ理由だった気がします。

お彼岸を深く考えたことがなかったですけど、こんな身近な行事からも、この国の長い歴史が偲ばれて、なかなかに興味深いですね。

お彼岸にやってはいけないことは?

おはぎ・ぼたもち

今まで、気にしたことがなかったのですが、お彼岸にやってはいけないことってあるのでしょうか?

昔、お彼岸に、お見舞いはダメと聞いた気がするのですが、真偽はいかに。

調べてみた結果、お見舞いに限らず、特に禁止されていることはありませんでした。

仏教の教えとして、これはやってはいけないというような禁止事項はなく、ご供養や、修行期間ということで、自然発生的に出てきた考え方なのでしょう。

となると、「お見舞いはダメ」ではないのですが、お墓参りの期間に来るなんて縁起でもない、と思われる方がいるかもしれないですね。

なので、相手の性格や、お互いの関係を考慮して、ケースバイケースで判断されたらいいと思います。

その他のことについても、すべては状況次第ですが、お家によっては、家族や親戚で集まったりすることもあるでしょうし、この期間のお誘いは、よく考えてからにしたほうがよさそうです。

まとめ

・お彼岸とは春分・秋分を中日とした各一週間のこと
・お彼岸とは先祖の供養をし、自分自身の修行をする期間
・お彼岸に基本やってはいけないことはない

修行とは険しい山に上ったり、滝に打たれたりといったものではなく、日頃の心がけの問題です。

人に尽くし、己を戒め、耐え忍び、日々努力して心穏やかにすごし、本質を見極め、正しく判断する。

……そんな人に私もなりたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました